LINE Growth Technologyのプロジェクトマネージャーとは?実際に働くPMメンバーに語ってもらいました。

左から

樋川さん

入社日:2019年7月1日
担当業務:LINE DEVELOPER DAYのシステムPM、LINE社内向けツールのPM(LP作成ツール、マーケティング配信ツール)

田尻さん

入社日:2019年7月1日
担当業務:LINE MUSICの開発PM、ライブドアニュースの開発PM

吉村さん

入社日:2019年1月1日
担当業務:LINEデリマの開発PM

まずは皆さんの担当しているプロジェクトについて教えてください。

吉村:私はフードデリバリーサービス「LINEデリマ」の開発PMとして、プロジェクトのスケジュール管理や各ステークホルダーとの調整を担当しています。最初は業務委託先が担当していたところを内製化し、引き継ぐためのプロジェクトとしてスタートして、今はそれが終わって、追加機能の開発をしているところです。

田尻:私はライブドアニュースとLINE MUSICのレーベルに提供している管理画面開発の2つのプロジェクトを担当しています。ライブドアニュースでは開発スピードを上げるため、2つの機能をスクラムで開発をしています。LINE MUSICのプロジェクトは特にステークホルダーが多いので、そこの調整やチームビルディングなども担当しています。

樋川:私はLINEの技術カンファレンスである「LINE DEVELOPER DAY」のシステム全般の開発PMをメインで担当しています。2019年のLINE DEVELOPER DAYでは、入場システムに採用した顔認証技術との連携やLINE Beaconを利用したノベルティ受け取りシステム、来場者の導線を把握するためのシステムなどを担当しました。
他には、社内向けのツールのPMもしていて、LPを作成するためのLPGenというツールと、LINE公式アカウントから各種セグメントでユーザーを抽出し、メッセージ配信を行うツールのPMもしています。
※LPGenの詳細についての詳細はこちら

皆さん、いろいろなプロジェクトを担当されていますが、どのように案件が発生し、アサインされるのでしょうか?

樋川:プロジェクトはLINE Growth Technology(以下、GT)の案件相談窓口や、直接社員にきた相談などから始まります。相談の種類は多岐に渡るため、その相談がGTのミッションにつながっているのか、時期や現状の案件との兼ね合いで体制構築が可能かを議論してプロジェクト化していく流れですね。

田尻:アサインについては1on1などで、プロジェクトの希望を伝えている人が多いと思うので、開発室長がその辺りを把握した上でスケジュールなどを加味して検討しています。例えば分析が好きであればそういう案件を振ってもらうとか。自分の興味や積みたい経験の方向性をしっかり共有しておけば十分に配慮してもらえる環境だと思います。

吉村:私はもともとto C向けサービスに関わりたいという希望があったので、それを汲んでもらった形です。最初にプロジェクトにアサインされる際、今担当のLINEデリマをやるか、LINEショッピングか、ライブドアブログかと選択肢が与えられて、どれも面白そうだったのですが、サービスの需要が高まっていたのと、開発チームの立ち上げに関われることから現在の担当を選びました。今後も他のいろんなサービスに関わってみたいと感じていて、田尻さんのやっているプロジェクトとかも面白そうだなって。プロジェクトの進捗や、自分の成長にあわせて、関わるプロジェクトの幅も広げていきたいですね。

樋川:私もto Cサービスが好きなのは一緒ですが、お二人とは方向性が少し違っていて、運用改善がすごく好きなんです。そういう想いがあってGT に入社したということもあり、今は社内向けツールの運用改善フェーズであるプロジェクトのPMを担当することが多いです。あとは、カンファレンス運営やスタートアップコミュニティの運営をやっていた経験もあるので、そこからLINE DEVELOPER DAYのようなイベント関連のプロジェクトにも携わるようになりました。興味や嗜好が仕事に反映されているのは良いですね。

プロジェクトのチーム構成やステークホルダーにはどのような人がいるのでしょうか?

田尻:例えばLINE MUSICの開発では、東京にいる開発チームの他にLINE Fukuokaのデザイナー、中国にQAチーム、韓国にも開発メンバーがいます。関わるステークホルダーが人数的に多いのはもちろん、ロケーションも多岐に渡るのは非常に特徴的だと思います。

樋川:確かにそうですね。LINE DEVELOPER DAYのプロジェクトではイベント自体に関わるメンバーが100名を超えています。私は複数のプロジェクトを同時並行で担当することもあり、GTのPMでは一番大人数と関わっているかもしれません(笑)。

吉村:開発チームの構成でいうと、私のチームは全部で10名。グルメ系サービス全般を見ているリーダーとPMの私、その他にサーバーサイドエンジニア3名、フロントエンドエンジニアが5名という体制です。

田尻:私が担当する開発も10名前後のチーム規模が多いですね。チームメンバーは、どのような体制でやるべきか、技術的にどんなメンバーが良いのか、現状の案件との兼ね合いで調整できるのかというのを議論して決まっていきます。チーム拡大の一つの方法として、ニアショアなどの外部委託を検討したりもします。

樋川:開発チームは固定ではありませんが、プロジェクトのサイクルでエンジニア、PMの手が空くことが多いので次のプロジェクトでも似たようなメンバーで始まるということはよくあります。中には、途中でメンバーが変わったりすることもあります。これはGTに限らずLINE全体で言えることですが、臨機応変というか大きいものも小さいものも含めて変化が多い環境だと思います。

GTのPMならではの特徴はありますか?

田尻:GTだけではなくLINEグループ全体の話にはなりますが、多拠点なことに加えて、ミーティングの参加メンバーが20名を超えることもよくあり、関わる案件の規模の大きさを感じています。

吉村:規模が大きいことが非常に大変という側面は確かにあります。ただそれをポジティブに考えると、PMとして非常に成長できる場であると言えます。

田尻:LINEグループで「PMとは」を語る時によく言われるのは、PMは「カメレオン」みたいな存在だということです。色々な組織体やサービスがある中で大きいものもあれば小さいものもある。それぞれ異なる役割を持つ人が集まる中でPMをやろうとすると、その都度自分たちの役割も変わってくるんです。プロジェクトによってカバーする領域を広げたり、柔軟に役割を変えたりすることで、プロジェクトを成功に導いていく必要があります。柔軟に役割を変えていくためには、各ステークホルダーの立場に寄り添って考えることが必要だなと思いますね。

吉村:相手の立場に立って考えなくてはいけないという点は私も苦労しているところではありますが、とても大事ですね。

GTのPMで求められるスキルはありますか。

吉村:ステークホルダーが多く、事業の途中の段階から参加する場合も多いので、コミュニケーションスキルは重要ですね。これを言うと構えてしまう人もいるかもしれませんが、GTでは特に重要だと感じています。

樋川:そうですね。GTのような環境ではコミュニケーションスキルは必須スキルだと思います。それがある前提で「こうすることでGrowthできる」という施策を、事業側にしっかり納得してもらえるように、相手の立場に立って企画を考え提案できる力が必要になってきますね。

田尻:私も同じく、サービスのGrowthには、ビジネスの視点や、事業側の目線を意識することがとても大切だと思います。私の場合、過去にPOとしてサービスを立ちあげた際の、事業側と同じ目線に立ってどうやってサービスを伸ばすかの方向性を考えるという経験が非常に役立っています。

最後に一言お願いします。

吉村:これまでお話しした通り、GTは色々なサービスを見られる会社です。LINEのユーザーの多い中で複数のサービスに携わることに興味を持てる人には楽しい環境なので、ぜひ会社説明会などに気軽に参加してもらいたいです。

田尻:LINEというプラットフォームがあることによって、どのサービスも多くのユーザーが利用してくれています。多くのユーザーが利用してくれているサービスを過去の経験や知識を活かして様々の方法でGrowthさせていきたいというマインドを持っている人にはむいているのではないかなと思います。

樋川:私が働いていて良いなと思う点は、執行役員や室長との距離感が近い点です。どのタスクをやるにしても、会社のミッションやカルチャーに沿っているかどうかのマインド合わせがしやすく、その上で進められるのが他社と異なっていて一番良いところだと思います。そういう環境で、業務改善が好きでたくさんのLINEの事業をGrowthさせたいと思っている人と一緒に働きたいですね。