企画から運用まで、少数精鋭でわいわいモブりながらプロダクトを作る

氏名:神吉さん
入社日:2018年10月1日
インタビュー:2019年1月18日
担当業務:開発センター開発室に所属し、新規プロジェクトとして社内ネットワーク環境可視化ツールなどを開発

LINEの開発者ブログを読んで感じていた技術的な成長と自由な社風

新卒で入社した会社では業務委託契約のエンジニア(SES)として、Javaを使った金融系プロジェクトに関わっていました。出向先のルールに縛られ、自分なりの改善ができないことが不満で、100人規模のソーシャルゲームのベンチャーに転職しました。

そこではGitHubを使ってデプロイオートメーションの組み込みや開発にあたってのルール作りに関わり、自由にやれていたと思います。スキルアップしている実感もありました。ただ、家庭の事情もあり、その会社を退職することになってしまい、次のステップとして選んだのが、LINE Growth Technology(以下、GT)です。

LINEやLINE Payなど様々なサービスをリリース当初からユーザーとして使っていたので、LINEという会社には以前から馴染みがありました。また、エンジニアブログ(https://engineering.linecorp.com/)も以前から読んでおり、技術的にも面白いことをやっていて、社風も自由そうだと思っていました。その雰囲気を面接の時にも感じられたこともあり、入社を決めました。

GTは単に新しいサービスやプロダクトを開発するのではなく、サービスを継続的に改善・成長させていくために、開発担当者と運用担当者が連携して協力するDevOpsの構築などにも関われるところが、志向と合致していて、心に刺さるものがありました。

システム構成をどうするか、最初の一歩からプロジェクトに関われる

入社後は、社内ネットワーク環境の可視化ツールを開発するプロジェクトに配属されました。LINEはグローバルに展開する企業なので、国内だけでなく世界中の各拠点や拠点間のネットワークの状態、通信量やレイテンシーなどを常時把握する必要があります。

ネットワークエンジニアが利用する専用ツールはありますが、ネットワークの状態を把握しておく必要があるのは、必ずしもエンジニアだけではありません。ネットワークの専門家ではない人でも、トラフィックの異常を一目で判断できるツールが必要とされていました。

このプロジェクトは、私を含むGTのエンジニア2名とプロジェクトリーダーの計3人のチームで担当しています。このプロダクトをどのようなシステム構成で開発すべきかというところから、議論は始まりました。これまでは与えられた仕様をその通りに実装するという仕事が多かったので、企画段階から意見を出せることは新鮮で、同時に自分のエンジニアとしての実力が試されているようにも思いました。

プロジェクトの中心として関わることができ、今までの下流の開発だけでは得られなかった知識を得ることができたと感じています。入社間もないタイミングでこんなに深くプロジェクトに関われたことは、良い意味で想定外でした。

社内ネットワーク環境可視化ツールのリリースを終えて、現在は近々開催されるLINEの広告主向けイベントで使われるLINE公式アカウント上で動作するbotの追加開発を行っています。単純にイベント運営のためではなく、“LINEを活用するとどんなことができるのか”を来場した広告主に具体的にイメージしてもらい、導入のキッカケとなるようなショーケースとしての役割も担う重要なプロダクトです。いわゆるBot開発は初めてですが、自分たちなりに考えて実装する機能でどんな体験を与えられるかが楽しみです。

神吉直人さんが思うGTの魅力

担当するプロジェクトの内容と、プロジェクトへの関わり方が魅力的です。要件定義から開発・運用まで自分の力を活かせるフィールドが広がっていると思います。技術的にも高いレベルで切磋琢磨し、課題解決のために知恵を出し合える仲間がいることもGTに転職してよかったと感じることの一つです。できたばかりのオフィスも、仕事をする上で必要な設備が整っていてストレスなく働くことができ、休憩スペースなども充実しているので働く環境として最高ですね。

エンジニアとしての個性や能力を互いにリスペクトし合いながら働く

少数精鋭のチームで、小さくかつ多様なプロジェクト開発を何度も重ねていくというのが、GTの開発スタイルだと思います。小規模ということもあり、メンバー間のコミュニケーションは、開発以外でも活発です。席も近いので、どういう実装をしているのか、こういう時はどうするべきかなど、密にコミュニケーションを取りながら進めていく、モブプログラミング的な進め方で進めています。

関わるメンバー全員が様々な立場で意見やアイデアを出し合い、何事も話し合いながら開発を進めながら、同時にスピードも重視します。エンジニアといっても、それぞれバックグラウンドが違い、得意不得意がある。互いがそれぞれの個性や技量をリスペクトすることが、開発を効率的に進めるための大前提だと思いますし、LINEそしてGTで働くエンジニアが意識していることだと思います。